現在のパキスタンが位置する地域やその近郊諸国でのマンゴーの歴史は非常に古く、約4000年前から栽培されていたと言われています。 中でもパキスタンマンゴーの種類は150種類以上といわれ、黄色系の 芳醇で高貴な香り、そして糖度が非常に高く濃厚な甘さが特徴です。 特にシンド産のシンドリとバハーワルプル地域のチョウサ2品種が有名です。完熟するとその糖度はなんと24度にもなります。 とにかく甘ーいのです。世界でも1番おいしいと言われ、「女王のフルーツ」とも言われているのがシンドリ産のパキスタンマンゴーです。

新着情報,ナワブマンゴー

現在のパキスタンが位置する地域やその近郊諸国でのマンゴーの歴史は非常に古く、約4000年前 ...